【車いす】「らくらくおでかけネット」で鉄道各社のサポート状況を一括チェック

こんにちは。ライターの「もっさん」です。

歩行障害があり、電車に乗るときは杖か電動車椅子を使用しています。
そんな僕は駅を利用するとき、気になることが2つあります。

ひとつめは「階段しかなかったらどうしよう」「エレベーターはどこあるのか?」「駅の構造はどうなっているのか?」などの駅のバリアフリー状況です。

ふたつめはサポートに関してです。杖のときは「ホームから落ちそうになったりして怖い」から駅員さんのサポートを受けたい、電動車椅子のときには「電車とホームとのあいだに隙間があり、車椅子では乗り込めない」から駅員さんにスロープを出してもらいたいので、そのサポートをしてもらえるのかが気になります。

国土交通省が提供するバリアフリー情報「らくらくおでかけネット」

そういった情報は鉄道各社のホームページをチェックすれば分かるのですが、面倒なのが、複数の路線を乗り継ぐとき。

例えば、(僕はそんなハードな移動をすることはないけれど)東京の虎ノ門駅から大坂の心斎橋駅まで移動しましょう、ということになった場合、東京メトロ、JR、大阪メトロの3路線を乗り継ぐことになります。
3つの会社のバリアフリーやサポートサービスに関するページをチェックして、覚えたりブックマークしたりして、移動しながらページを切り替えて・・・これ、結構手間だし大変です。

そこでオススメしたいのが、国土交通省、(財)交通エコロジー・モビリティ財団が、提供している『らくらくおでかけネット』です。

ルートの検索を行う方法は、一般のルート検索アプリ等と同じなので、簡単です。

検索した画面はこのように出てきます。

構内図をクリックすると各駅の構内図が出てきて、バリアフリールートも表示されます。
例えば、大阪駅はこんな感じ。
大阪駅で阪急線や阪神線に乗り継ぐときのバリアフリールートって、JRのホームページと阪急・阪神のホームページを見て、組み合わせて確認しないといけなかったので面倒だったんですが、これなら一発で簡単です。エレベーターの時間が書かれていることも重要ですね。

東京・新宿駅の巨大迷路もこのように、バリアフリールートが赤線で書かれているので、とても分かりやすいです。

あと、車椅子使用者向けに、このような記号で段差がないルートがあるのか、段差があり介助が必要なのかを示してくれています。

僕の地元の田舎の駅は、ホームへのルートが階段だけで、車椅子に対応していない駅です。そういった駅に車椅子で行く場合には、数日前(2~3日前)までに事前に連絡しておく必要があるのです。
普段使いする駅ならそういうことが分かっていても、旅行先で立ち寄った駅が階段しかなくて身動きがとれなくなったら、悲惨ですよね。
これから利用しようとしている駅が、そのような手続きが必要な駅なのかどうかを確認するためにも使えます。

「らくらくおでかけネット」のサイトURLはこちら→http://www.ecomo-rakuraku.jp/rakuraku/index/

お伝えしてきたように、このサイトでは路線をまたいで駅構内のバリアフリー情報を確認することができます。
ただ、鉄道会社ごとの詳しいサービス内容までは、掲載しきれてないのです。

なので実際に移動のルートを調べる時には、「らくらくおでかけネット」と「鉄道各社のホームページ」のいいトコ取りをすることをオススメします。

①『らくらくおでかけネット』で路線ルートの入力・検索し、「バリアフリー状況」を確認
②鉄道各社のHPでどのようなサービスがあるのかを詳細に確認

この順番で情報を収集すれば、その日の移動パターンを大まかにイメージしながら、路線ごとの詳しい情報をピンポイントで抑えていく、ということができるのです。

ちなみに、鉄道各社のHPも見比べてみると個性的です。

例えば、
JR東日本JR西日本などのJRでは、身体の不自由別に設備やサービス内容を提示しています。
東京メトロのサイトでは、バリアフリー便利帳で、全駅のバリアフリー状況を確認することができますね。
大阪メトロでは、券売機が車椅子でも使いやすいように工夫されているようです。

まとめ

杖や車椅子を使用していると、移動のストレスはどうしても大きくなりますよね。
そんな中で、行きたいところに行き、したいことをするためには、行動する前の情報収集がとっても重要なポイントになってきます。
もし、未知なる駅のバリアフリー情報不足があなたの活動を止めてしまっているなら、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

 

※外部リンク先の情報は、記事作成当時(2018/07/16)のものです。
削除・変更等に気付かれましたら、コメント等にてご一報いただけましたら幸いです。

 

この記事を書いた人

もっさん
もっさん
もっさんです。アラサー男子のひとり暮らし障害当事者です。
手と足に障害があります。歩行障害の関係で、普段は補装具(短下肢補装具)、杖、電動車椅子を併用&使い分けして生活しています。
仕事の日は補装具と電動車椅子、休みの日は体調が良ければ補装具と杖という感じで、自分の体調と体力に合わせて、使い分けています。
ひとり暮らしするうえで、色々と情報を得てきたので、そこら辺の知識は多いです。
得意テーマは、引越しなどの住関係、鉄道などの移動関係、行政の手続き関係です。

一緒に読みたい記事