【片手がうごかない】炊き込みご飯作り!小袋はまな板立てに挟んでハサミでカット

こんにちは、小川徳美です。左手が少し不自由です。

脳出血の影響で左片麻痺となり、左上肢がまったく動かないもっちさん。
主婦として台所を預かる彼女は、さまざまな工夫を重ねて日々のお料理に取り組んでいます。

今回ご紹介する動画は市販の炊き込みご飯の素を使っての「ホタテの炊き込みご飯づくり」。
こういう○○の素って便利だから私もよく使うんですが、困っちゃうのが袋の封がうまくけられないこと。
左手が完全に動かないもっちさんが、どうやって液体の入った小袋を開けているのか、ご覧下さい♪
(動画は無音です)

■片麻痺もっちゃん☆片手で料理【ホタテの炊き込みご飯】

この動画を作った人:もっちさん https://www.youtube.com/channel/UCzB2NjNPSECPsv34upPtYOg

いかがだったでしょうか。
液体の袋の封を開けるときは、隅を切り取ることで注ぎやすくできるんですね!
封を開けるのに立てかけているのはまな板置きなんですけど、お気づきになりました?
こんな使い方もできるなんて!!
素晴らしいと思いました。

私も同じまな板置きを使っているので、ぜひ、活用してみたいと思います♪

もぐもぐもっち
もっち* *片手で料理**(YouTubeチャンネル)

 

 

この記事を書いた人

小川 德美
小川 德美
1964年10月3日生まれ。脳性まひ1種2級。生まれて1週間で東京オリンピックの放送を母に抱かれて見、なんともうすぐ2度目の東京オリンピックを経験できるという!!
25才で伝統工芸士の今の夫を好きになり、追いかけまわして29才で結婚、35才で第一子(男)を帝王切開で出産。その頃から独立歩行ができなくなり杖→歩行器→車椅子へと暮らしが変化しながら人生のいろいろを経験しています。
2012年より5年間【脳性まひ交流の場】というface bookでのコミュニティーで代表を務め、総勢300人のメンバーとともに日々楽しくワイワイしておりました。趣味は飼っているセキセイインコの動画を撮ってYou Tubeに載せること。歌が好きで夫との馴れ初めも音楽です。自分の笑顔が好きなナルシスト(笑)

一緒に読みたい記事