【車いす】車への積み降ろし②本人がHONDA NBOX+のスロープを使って

ゆうさくです。

脳性まひがあり、歩くためにたくさんの体力が必要な楽歩さん。
彼女は一日を快適に過ごすため、移動には自力の歩行と自動車、車いすを使い分けます。
自動車は車いすを積み込めるオプションがある、HONDAのN BOX+。
楽歩さんにとって少しスロープが重くて、出し入れがちょっと大変・・・な面もあるそうですが、大切な暮らしのパートナーです。


動画出演:楽歩 動画制作:みんらぼ

この動画の中で楽歩さんが「スロープが重いので、一回伸ばすだけにしてます」と解説していますが、スロープを倒しただけで一度も伸ばさずに、車いすの方を浮かせて出し入れすることもあるんだとか。
かなり軽量の車いすを使っていることと、その日の身体の調子次第で、カットできる動作は意識してカットするようにしてるんですって。

いわく、「日によって身体濃緑に大きな差があるので、同じ動作にもいろんなバリエーションを持っていることで、ケガや腰痛のリスクを下げたり、痛みの予防ができる」んだとか。
何気なくやってることも、少し距離を置いて見つめてみると、よりベターな手段が見つかるのかもしれないですね。

ところで、車が歩道に対してめちゃめちゃ近い所にビシッと横付けされていることに気付きましたでしょうか。
ベテランドライバー楽歩さんの横付け技術はこちらの記事で見ることができます。
興味のある方は、ぜひ。

HONDA NBOX+のページ

※外部リンク先の情報は、記事作成当時(2018/05/17)のものです。
削除・変更等に気付かれましたら、コメント等にてご一報いただけましたら幸いです。

 

 

この記事を書いた人

ゆうさく
ゆうさく
1985年生まれ。和歌山県出身。健常者。物忘れがやや激しめ。子ども時代の家族は、共働きの両親と共働きの祖父母、あまり動けない曾祖母と無駄に動き回る2人の弟達という、8人の小さなダイバーシティでした。趣味は工作。段ボールと木材は夢のカケラ。部屋作りも大好き。いつか家をDIYするんだ。あと、シンガーソングライターもやってます。ジムで本格的な筋トレも始めました。チャームポイントは大腿四頭筋と大胸筋。

一緒に読みたい記事